忍者ブログ
ネットビジネスに対するスタイル・イーの考え方を中心に記載
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地元 川西商工会講演してきました。

今まで全国色んなところで何十回と講演して来ましたが
創業8年目にしてようやく地元からお声がかかりました(感無量)(^^;)

タイトルは
「中小企業の実践的ネット用」

サブタイトルは
「ネット活用で仕事が増える! ITよりビジネスを考えよ」

過去にどこかで私の講演やセミナー、雑誌記事などをご覧になった方がいれば

まだ、同じ話してるのかぁ? と言われそうでありますが(^^;)

当社スタイル・イー では2000年の創業以来、一貫して

【ITよりビジネスを考えよ】

を言い続けているのは、普遍的な事実だと確信しているからです。

どうしても「ネット活用」だとか「ネットビジネス」や「EC(eコマース)」と言うと

ホームページの制作が、CGIがFlashが、と制作話に意識が行きがちになる企業が多い

確かに手段としてのWeb技術やデザインスキルは重要な要素ではありますが

決してネット成功企業や売れてるネットショップはホームページ制作が上手だから

成功したわけでは決してありません!

製品、商品、サービスや物流、営業、販促、人材に資金調達などなど

やはりネット事業の経営そのものをバランス良く成長させて来たからに他なりません!

ITはほんの手段、道具です。それをどう使いこなしながらビジネスモデルそのものを

どう組み立てていくのか!? そこに 成功の秘訣があるのです。

資金や人材が少ない会社はそれなりに、知恵と労力や努力でそれを補い

豊富な会社は、大きな組織をどうスピードアップして意思決定→実行するか?

それぞれに長所・短所や課題は異なります。

幸い、当社では小さなパパママショップさんから上場企業のプロジェクトまで

様々な業種に置いて過去に多くの経験をして参りました。

それこそ、ウチには多くの資金や人員・労力はありませんが、

この経験は、「ネット事業の知恵袋・ブレイン」としてお役に立てると思います。

今日のセミナー後の懇親会で商工会青年部の部長さんが

「多くのネット系企業はすぐに都市部に移転するが太田さんは
あえて川西でずっと事業しておられるのは地元への愛着があるから?」

と質問いただいたのですが、それもモチロンですが

もう一つ、ネットと言う道具と現代の便利な交通手段があれば、

全国どこを相手にでもそれ程不自由なく仕事できる!

それを意地でも証明したい! からでもあります。

ご当地川西は 武士の開祖 清和源氏発祥の地でもあります。

源 満仲 公にあやかり 大都市一極集中化や不景気、中国の隆盛に

押される中小・零細企業を少しでも助けるために

中小企業のネット活用支援のために

戦うコンサルタント」として頑張りたいと思います!(^-^)

武士は食わねど高楊枝』!

でも武士って儲からん(苦笑)


 




PR

意外に思われるかも知れませんが、当社には「ホームページ制作業者」さん
からのご相談もよくあります。

ホームページのプロからご相談いただけるのは光栄なのですが…(^^;)

プロとしてビジネスに役立ち、活用できるホームページを作っている(はずの)
制作会社さんがウチのホームページを診断してください!と言ってくるのは
ちょっと面食らいます(苦笑)

で…
そう言う業者さんに限って制作実績の所に 「当社の作品」って書いてあります。

作品」って言ってる時点で、もうビジネスには使えないな、って思います。

趣味のホームページならともかく、少なくともビジネス目的のサイトやオンラインショップは、

「作品」じゃ無いでしょ!

「お店」であり、「売り場」であり、「営業窓口」でしょ!

ホームページ制作業者を探している方は、お気をつけくださいネ!

恐るべし iPhone 恐るべし Apple!

私がパソコンやITに関わって早20年ですが、ついに来た!?
やっと本当に「使える」ITツール(道具)が出現です。

日本上陸はもう少し先になりそうですが、なんとか私が生きている
間には使えそうです。(^^;)

何をそんなに興奮してるんだ!?とおっしゃる前に
とにかくコチラ↓↓↓↓↓を見てください。

http://www.apple.com/iphone/usingiphone/guidedtour_large.html

20分の長編動画でしかも英語ではありますが、英語が苦手な方も、
ぜひ辛抱強く見てみましょう。画面をじっと眺めているだけでも
iPhoneのスゴさとその可能性にイマジネーションを掻き立てられるこ
と間違いありません!

あえて「昭和」な表現をすれば(苦笑)…

子供の頃に夢見たアメリカの SF TV番組「スタートレック」シリーズ
に登場するような「万能なメカ」がついに現実のものになったようで
す。

ポケットに入るパソコン&携帯電話!?
いえいえその程度のモノではありません。

あえて、昭和な道具で例えるなら(再び苦笑)

パソコンと携帯電話にテレビ、ラジオにビデオにステレオ(オーディオ)と
電子手帳、電話線にアンテナにあなたの音楽CD棚を全部まとめて
ポケットに入れて持ち運べるようになった!

しかもそれが整理されて連携し同期を取って使えるのです。

ハードとソフトの機能、性能は問題なし!
あとはインフラの問題(通信回線速度やカバーエリア、日本の携帯網
との親和性)ですね。

日本上陸は間違いないが、問題は「法律」や「規制」の壁ですね。

日本の通信行政や、既存の携帯電話キャリア、マスメディア
に著作権協会などなど、官公庁とオールドエコノミーの企業達が
どこまでこの「黒船」を受け入れられるのか?いや、戦うのか?

私たちユーザーの便益はそれに大きく左右されるでしょう。

数年後の上陸までに、来るべき未来を予想して、行政や、日本企業が
どれだけの準備ができるのかが楽しみであり不安でもありますね。

「大きな話」だからと他人事ではなく、中小企業やオンラインショッ
プ、ユーザー達にも大きな変革への準備の時間があるという事ですね。

モバイル=携帯電話 では決して無い、本当の意味の「モバイル」の
市場が花咲く可能性が見えて来ました!

パソコンの所有と利用を前提としたインターネットの上陸よりも
国民の8割が保有する携帯電話文化に割り入ってくるiPhoneの上陸は
はるかに大きな変革をもたらすと予想します。

上陸時にはもっと進化してるでしょうしね!
エアコンに電子レンジに自動車の機能まで搭載されてたらもうまさに
SFですね(笑)

いや、とにかく久々にワクワクしてしまいました。 

起業以来、丸7年をなんとか無事に終え、8年目に突入した5月
「思いがけないご縁の会」と言う交流会に参加してきました。

その名の通り、「思いがけないご縁」を作る、押し付けもおせっかい
も、たくらみも、下心も無い、純粋な「ご縁」の会でした。(^-^)

学生さんから、定年退職された人生の大先輩、経営者さんや、学校の
先生、公務員、会社役員の方々本当に参加者も幅広く様々で色んな
視点、様々な観点、興味、趣味の方々とお話できました。

ここのところ、実務に追われ、7年間走り続けるあまりに見失ってい
た「何か」を、初心に帰り取り戻せたような気がします。

何かに行き詰まったり、悩みに陥ったり、凹んだりした際には
全く違う視点、観点、価値観を持った方と話して見るのも良いものです。

直接的なアドバイスで何かを教えてもらうことも大切ですが
普段絶対に出会わない、付き合わないような方々と会話しながら
何か「気づき」を自分の中に得る事ができると思います。

コンサルの端くれとして、これからもお客様に「気づき」を
得ていただけるように精進して参りたいと思います。
こんばんわ、太田です。
気づけば、ずーっと コラムサボってました。

ブログ全盛の昨今に、地味な掲示板式のコラムを書くのも
時代遅れかと思いますが、要は中身です!本物であればいいのです!

【本物】は人知れず、知る人ぞ知る、必ず生き残るのです!

っと珍しく鼻息の荒い太田です。(笑)


ここのところ、「本物」を守り、追求する会社さんとご縁が続きます。

ある山奥で、森林の植樹、育成から間伐、製材、加工、最終商品まで
一貫したモノ作りでヒノキ、杉の製造販売をするI社さん。
自社の森どころか日本全国、世界の森林環境から温暖化防止まで考え
て取り組まれている「本物思考」の会社さんです。

某もち米産地で350年の歴史を誇る、麦芽もち米だけで作った古式製
法を頑なに守った水あめや、水にさらしたもち米を石臼引きで作る
寒晒し(かんざらし)製法にこだわった白玉粉、白玉団子を製造販売
するU社さん。

いやいや何も製造販売の歴史ある会社さんだけではありません!

無名で知られてはいないけど、本当に厳選された食材や、手間ひま
かけて調理した食品を探しては、試食厳選してドンブリ勘定の利益で
はなく、調達の手間賃のみを儲けとして究極の価格で販売するK店さん

個人事業だけど、あらゆるスポーツ運動理論を学び、本当の「トレー
ニング」を個人指導したいと起業した若者

地元某県の日本酒だけに特化して、自分の足で県内に60以上ある
全蔵元を回り、全国に広め、ひいてはわが国の2000年にわたる財産
である「日本酒文化」を守ろうとする若き酒販店の社長

日本のネットビジネスが10年足らずで大きく膨らんだ中
都市型資本で最新のマーケティングテクニックで急成長し
模倣と、中国での低コスト生産品をむやみと売りまくる会社が
目立って成果をあげている中で、こうした目立たないかもしれないが
「本物志向」の会社や事業者がキラリと輝いて来たのも良いこと
だと思う。

「規模」が大きくなるだけが成長、成功では無い。

経営者の目指すところが、「本物志向」であればこうした
「質」的成長を果たす事業者も、「成功者」と言えるのだと
感じる今日この頃です。

Style-e は 製造業、小売業、サービス業、飲食業など
業種を問わず、こうした「本物志向」を強く応援したいです!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(02/26)
プロフィール
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ