忍者ブログ
ネットビジネスに対するスタイル・イーの考え方を中心に記載
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「価格」について考える。【コーヒー1杯の値段】

皆さん、ご商売をされていて商品の価格設定には日々頭を悩ませて
いらっしゃるかと思います。

「売れないのは高いからかな~?」

「もっと安くしないと売れないんじゃないか?」

「ライバルより1円でも安くしないとダメ?」

これらのご質問はよくお受けします。

──────────────────────────────
でも、ふと身の回りのお店(世間)をよ~く見てください。

必ずしも日本一安い店だけが売れているのでしょうか?
──────────────────────────────

今日、外出先で 1杯 200円のコーヒーと 1杯 1000円のコーヒーを
飲む機会がありました。 なんとその価格差5倍!

ご推察の通り1件は チェーン店のコーヒーショップです。
もう1件はある企業の社長さんが待ち合わせにご指定された
一流ホテルの最上階にある喫茶サロンです。

前者はカウンターに並びメニューを見てオーダーし、
キャッシュオン(現金払いと交換に)コーヒーを受け取り
自分でトレイに載せて席を探し、ミルクや砂糖も自分で取って
席まで持っていく。飲み終わったら返却口に返す。
全てがセルフサービスのお店ですね。

後者は店の入り口からキチンとしたユニフォーム姿で言葉遣いや
マナーも教育の行き届いたホールスタッフがゆったりした座席まで
案内してくれ、座る際には椅子まで引いてくれ、十分に広いテーブル
とすわり心地の良いソファで、座席の間隔も隣の席の会話が聞こえ
ない位ゆったりとした空間のお店。メニューも、食器も、質感の高い
物が使われていました。

そんなの当然! と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが
では、前者のチェーン店で1杯1000円のコーヒーをオーダーしますか?

つまり、お客さまは必ずしも「コーヒーそのもの」に1000円払ってい
るわけではないと言う事です。その商品を楽しむプロセスや雰囲気
ブランド力、サービスなどを含めた【価値】に1000円を払っているの
です。

全ての業種、全ての商品でこの理論があてはまるわけではありません
があなたの会社、お店で 5倍、10倍でも商品を売る【価値】を考え
てみましょう!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(02/26)
プロフィール
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ